セブ島への留学とtoeicについて

フィリピン留学とセブ島での英語学習

フィリピン留学とセブ島での英語学習 最近は、欧米の学校に留学する前に、フィリピンの語学学校で英語力を磨く日本人が増えています。
日本人は、英語が苦手な人が多いです。日本の英語教育は、読み書き中心ですが、語学学習ではコミュニケーションが重要です。
コミュニケーション重視の英語学習を行っている学校も増えてはいますが、全体から見るとまだまだ少ないです。
フィリピンの学校は、マンツーマン授業の多さが特徴です。マンツーマン授業を受けたくて、フィリピンへ留学した人もいます。
日本人は、人前ではっきりと意見を言える人が少ないので、マンツーマン授業が適しています。マンツーマン授業は、セブ島の学校でも行われています。
セブ島の学校で授業を受ける場合は、仲介者を通して申し込みをします。日本の資本で建てられた学校であれば、直接申し込むこともできます。
フィリピン留学は、期間が短いコースも数多くあります。マンツーマン授業のため、必要な語学の知識を、短期集中で習得することが可能です。
フィリピンは、日本から近い場所にあり、飛行機に乗る時間は、4時間から5時間くらいです。
1週間単位の短期コースもあるので、ゴールデンウィークなどを利用して観光と語学学習を楽しむ人も多いです。

セブ島への留学とtoeicについて

日本は、海外留学が盛んな国のひとつです。 昔は、留学先としてアメリカやカナダ、オーストラリアを選ぶ人が多かったのですが、最近は、フィリピンを留学先に選ぶ人が増えています。
フィリピンの中で人気が高い場所が、セブ島です。
フィリピンは、物価が安くて住みやすいところが多いのですが、セブ島は、有名なビーチもたくさんあり、勉強と遊びを両立させたい人にはぴったりの場所です。レストランの数も多く、和食はもちろん、フィリピン料理やタイ料理、中国料理、イタリア料理など、様々な国の料理を楽しむことができます。
日本でも受験する人が多いtoeicは、セブ島でも受験することができます。公式のスコアも、受験をしてから1週間ほどで受け取ることが可能です。
受験の方法は簡単です。フィリピンのtoeicの公式ページで受験日を登録し、開催日一覧の中から受験する日を選択します。そして、フォームに必要事項を記入して登録を終了すると、登録完了メールが届きます。
あとは、受験費用を振り込み、フィリピンのtoeic受験に必要な書類をオンラインで送信して、試験当日になったら試験を受けます。パスポートの原本を忘れると、試験を受けることができないので、注意が必要です。
フィリピンに長期間留学している人は、フィリピンで試験を受ける人も多いです。

Valuable information

失敗談から導き出した、初心者にあった正しいオンライン英会話。

オンライン英会話 初心者

エアコンの販売から修理までこなす、実績豊富な専門家集団。

エアコン修理 東京

シワ、シミの改善や小顔化などが期待できる札幌のエステサロン。

札幌 小顔

Last update:2018/5/29